派遣看護師は労働派遣法に違反している?

労働派遣法で禁止されている?

派遣看護師は労働派遣法に違反している?

看護師の業界は女性が多く活躍しています。そのため、女性特有の出産や育児、家庭といった事情で、途中で退職や休職をする方が多いのも特徴です。こうした事情から、その働き方も様々な形態が出てきており、派遣看護師も新しい形態の一つです。

時間に融通が利きやすいため、自分の時間を大切にしながら仕事をする事ができます。しかし、最近言われているのが、現在派遣看護師として多くの方が働いていますが、これは違法ではないのかという事です。

その理由として挙げられているのは、労働派遣法という法律に記載されている文面にあります。要約すると、病院など医療関連施設や医療関連業務での派遣は禁止という項目があるのです。そして、この医療関連という内容には、医師や薬剤師に始まり、看護師や准看護師も含まれるのです。

これは確かに、禁止されている項目に当てはまっており、違法という声が上がっても無理はないように思えます。ですが、実は看護師の派遣は法律で認められているのです。

同じく労働派遣法の続きには、追加の項目が記載されています。それは、紹介予定派遣であれば可能、つまり、正社員として今後採用を前提として派遣が行われるなら可能という事です。

また、病院、診療所以外の施設なら可能、最近増えている老人ホームなどの介護施設やその他医療関連施設は大丈夫という事です。また、出産の前後や育児、休業中の短期の仕事としてなら可能という事も謳われています。

そのため、これらをきちんと守った上での派遣の仕事は合法なのです。ですが、中にはこうした法律を都合よく解釈し、法律ぎりぎりのラインで派遣事業を行っている企業もあります。

こうした事から派遣という仕事に対してのイメージが悪くなってしまい、多くの方が敬遠してしまう理由にも繋がっています。ですが、正しい形で仕事をすれば、時間に融通が利く良い働き方であるのは間違いないので、派遣の仕事をする際には企業選びにも気を付けましょう。